※イメージ画像:女子校生アナル拡張オナニー

今回は、よくある質問の「アナル拡張って、どのくらいの期間をかけてやるものなの!?」

について解説していきます。

アナル拡張の大体の期間の目安を知ることで、無理な拡張で肛門を痛めることなく、

切れ痔などの予防にもなります。

ペニス(チンコ)、ディルド、アナルバイブやフィスト(拳、手首まで)をできるようになるためのアナル拡張の目安をピックアップして説明していきます。

 

4cm(センチ)拡張するのに必要な期間とは?(ペニス、ディルド、アナルバイブが入るくらいのサイズ)

アナルにペニスサイズのアナルバイブなどを入れるために必要な拡張のサイズは、約4センチです。

バイブやディルドでズボズボのアルオナニーをしたい場合や、アナルセックスをしたい場合、

まずはこのサイズまで拡張するようにしましょう。

4センチ拡張するのに必要な期間は、約1~2ヶ月です。

 

7cm(センチ)拡張するのに必要な期間とは?(フィスト(拳、手首)が入るくらいのサイズ)

アナルに拳(こぶし)を入れるために必要な拡張サイズは約7センチです。

このサイズになると色々なものを肛門の中に挿入して、アナルオナニーすることができます。

また、アナルセックスするにしてもプレイの幅が広がります。

ナスビやゴーヤなんかでも、ズボズボすることができます♪

7センチ拡張するのに必要な期間は、約2年です。

 

その他、アナル拡張するに当って気になる疑問について

  • 1度、アナルを拡張すると、どのくらい拡張の効果が続くのか…?
  • アナルを広げることで肛門がガバガバになり、ウンコが漏れたり、染み出したりしないのか?

についても、ついでに解説しておきます。

 

1度、アナルを拡張すると、どのくらい拡張の効果が続くのか…?

1度拡張したアナルは、拡張をやめアナルに何も入れなかったら、徐々に元に戻っていきます。

ただ、1度、拡張したアナルは、簡単に元の状態にまで広げることができます。

指くらいならニュルンっと簡単に入れることができます。

ちなみに、この現象を、マッスルメモリーにならって、ボクは「アナルメモリー」と呼んでいます(笑)

 

アナルを広げることで肛門がガバガバになり、ウンコが漏れない?染み出したりしない?

肛門のしまりが悪くなるんじゃないのか?

この疑問、アナル拡張初心者なら、まず気になるところですよね。

結論から言うと、無理な拡張をしない限り、なりません。

心配な方は、急激にアナルを拡張したりせず、安全・安心な方法で拡張しましょう。

ただ、フィストできるまでのサイズまで拡張して、日常的にアナルフィストオナニーなどをやっていると、ウンコが漏れだしてしまう人もいます。

ペニスサイズくらいならば、きちんとした方法で無理をせずに拡張すれば、まず漏れ出すことはありません。

ということで、まとめると、無理な拡張をせず、連日のアナルオナニーを繰り返さないように、肛門を休ませながらオナニーを楽しめば大丈夫です♪

 

アナル拡張する時の注意点、危険性を解説した、こちらの記事も参考にしてください。

⇒ ちょっと待って!アナル拡張する前の注意点と危険性

 

また、安全にアナル拡張するための方法・コツについて解説した記事もあるので、こちらもぜひご覧ください。

⇒ 痛くないアナル拡張の方法・コツとは?

 

まとめ

今回、アナル拡張に必要な、おおよその目安をご紹介しました。

もちろん、この目安は参考になりますが、個人差があります。

上で紹介している注意点などに気をつけて、アナル拡張を実践して、ドキドキのアナルオナニーライフをおくってください♪

拡張する際には、自己責任で、慎重に行いましょう(*´∀`)♪