アナルオナニーする時にオススメの下に敷くモノまとめ【アナニー種類別に紹介】

これからアナルオナニー(アナニー)に挑戦しよう!と思った時にアナル初心者の方が、疑問に思いがちな、

下に何を敷くか問題!

今回は、そんなよくある疑問にバシっと答えていきたいと思います!

 

アナルオナニー(アナニー)する時に下に敷くものは、どんなアナルオナニーをするかによって変わってきます。

アナルオナニーの種類別に紹介していきます!

 

そもそもアナルオナニーする時に何か下に敷いた方がいい?

浣腸液(洗浄液)を肛門から勢いよく噴射する男

そもそもアナルオナニーする時に何か敷く必要ってあるの?と思うかもしれません。

結論から言うと、下に何か敷いた方がいいです。

なぜなら、アナルオナニーしていると、ローションが垂れたりして、何かと床やベッドが汚れるんですよね。

 

ボクがオススメしている安全で気持ちいいアナルオナニーのやり方では、アナルにローションを注入してからアナルにモノを挿入します。

そうすると、注入するローションの量によっては、アナルからローションが滲み出てくるんですよね。

※安全で気持ちいいアナルオナニーのやり方は↓を参考にしてください。

正しいエネマグラ・アネロスの使い方!本当に気持ちいいアナルオナニーをする方法【完全版】初心者のためのドライオーガズムのコツも紹介

↑この記事を読めば、安全なアナルオナニーのやり方と、アナルオナニーでの最上級の快感「ドライオーガズム」を達成する方法がわかります

 

基本的にはバスタオルでOK!

バスタオル

普通 にアナルオナニーするだけなら、バスタオルを敷くのがオススメ。

実際にボクもアナルオナニーする時のほとんどの場合バスタオルを敷いています。

バスタオルを2枚重ねにして敷けば、床やベッドが汚れることはありません。

 

バスタオルなら、そのまま洗濯機で洗えますし、汚れがひどい時には最悪捨てればOKです。

ただ、バスタオルが向かないアナルオナニーもあります。

 

シリコンローションを使う時には使い捨てのビニールシートが必須!

使い捨てのビニールシート

アナルオナニーする時によく使われるシリコンローション。

このシリコンローションを使う時には、幅広の使い捨てのビニールシートが必須です。

バスタオルでも使い捨てるならOKなんですが、バスタオルって面積がちょっと狭めなんですよね。

 

※シリコンローションについて詳しく知りたい方は↓の記事をチェックしてください。

知らないとヤバい!シリコンローションでアナルオナニーする時の注意点!メリット・デメリットをご紹介!

↑の記事でも書いている通り、シリコンローションの潤滑性能は、ハンパないです。

シリコンローションが触れたところ全部が、サラサラのツルツルの摩擦になっちゃいます。

なので、シリコンローションを完全にカバーするためにも、幅広の使い捨てビニールシートを使うのがオススメです。

 

幅広の使い捨てビニールシートにはこんなものがあります

防水使い捨てベッドシーツ(2枚入り)
防水使い捨てベッドシーツ(2枚入り)

コスパのいい使い捨てれる防水シート。

アナルオナニー後は捨てるだけでキレイさっぱり!

 

ビニールベッドシーツ
ビニールベッドシーツ

エロい雰囲気を求めるならこの防水シート。

使い捨てるのがもったいない値段とクオリティ。

ゴージャスにアナルオナニーをヤリたい時にオススメです。

 

浣腸オナニーを部屋でしたい時は土手があるシートがオススメ!

土手があるシート

浣腸オナニーっていう種類のアナルオナニーがあります。

この浣腸オナニーはお風呂場でやる方が多いんですが、部屋の中でやると興奮度がアップ!

部屋の中で浣腸して噴出する「やってはイケナイ」興奮がたまらないんですよね。

 

※浣腸オナニーのやり方について知りたい方は↓の記事をチェック♪

浣腸オナニーが超気持ちいい!セルフ浣腸責めのやり方を完全解説

そんな浣腸オナニーを部屋でする時には、土手があるビニールシートがオススメです。

インフレータブルマッサージシート
インフレータブルマッサージシート

土手があるビニールシートはこんなものです。

↑のマッサージシートは空気を入れて土手を作ることがでいるタイプ。

使用しない時には、コンパクトに畳んでおけます。

 

洗って使えば、何度でも使うことが可能。

土手があることで、噴出した浣腸液が漏れ出すことがないので、ダイナミックに浣腸オナニーを楽しむことができます。

土手があるビニールシートを使えば、浣腸オナニーだけじゃなく、全身にローションをぶっかけるオナニーもすることも可能!

 

こんな感じで、土手があるビニールシートを使えばド派手なオナニーをすることができます。

ちなみに、庭で使う子ども用のプールや、空気を入れて使うゴムボートでも代用可能です。

エロい雰囲気が全然ないんですが、子ども用プールや空気を入れるタイプのゴムボートを持っている方は代用できます。

 

アナルオナニーする時の不安をなくせばドライオーガズムの達成もしやすくなる!

ドライオーガズムを後押しするノウハウ

アナルオナニー(アナニー)する時に、下にバスタオルなどを敷くことで、床やベッドが汚れるかも?っていう不安がなくなります。

不安がなくなることで、アナルオナニーの気持ちよさに集中することが可能に!

アナルオナニーに集中できていないと、なかなかドライオーガズムをすることができません。

 

アナルオナニーに集中し、何のストレスもない状態の時にドライオーガズムしやすいんですよね。

ドライオーガズムを楽しむためにも、アナルオナニーする時の不安を少しでもなくしましょう。

 

※ドライオーガズムをするコツはこちら!

↓まずはドライオーガズムができるアナルオナニーグッズを使う!

ドライオーガズムに達するために必要なアダルトグッズはコレだ!

↓まずは、このドライオーガズムするコツを試してみてください。

ドライオーガズム達成を”加速”させる効果的な方法・コツ

↓なかなかドライオーガズムできない!っていう時にはこのコツも試してドライオーガズムをしてみてください。

なかなかドライオーガズムできない”あなた”に試して欲しいワンポイントアドバイス10連発!