寒い季節にドライオーガズムするためのたった1つの大事なポイント

最近、段々と寒くなってきましたね…

これから本格的な冬になってくる季節のアナルオナニーを、より気持ちよくするための大事なポイントが1つあります!

そのポイントとは、ズバリ!「アナルオナニーをする前にカラダを温める!」っていうことです。

 

大事なポイントなんですが、意外とそんなに意識されていなかったりします。

ボクが実際にアナルオナニーしている中で、カラダを温めることでドライオーガズムの達成確率もアップする!っていう実感があります。

なので、今までアナルオナニーの前にカラダを温めたことがない!っていう方や、ドライオーガズムをなかなかすることができない!っていう人は、このページは必見です♪

 

なぜカラダを温めた方がドライオーガズムの達成確率が上がるの?

疑問

アナルオナニーする前にカラダを温めた方がいい季節になってきました。

なぜカラダを温めた方がドライオーガズムしやすくなるのか?というと…

カラダを温めることによって、血行がよくなり、アナル(前立腺)を始め、オチンチンや乳首など…

全身の性感帯の感度がアップします。

 

性感帯の感度がアップする!っていうことは、アナルオナニーの気持ちよさもアップしますし、

アナルオナニーの快感がアップすれば、それだけドライオーガズムの達成確率も上がります。

ちなみに、これはセックスの時も同じで、体温が低いよりも、温めた方がセックスがより気持ちよくなります。

セックス前のウォーミングアップとしても実践するのもオススメです♪

 

カラダを温めたほうがアナルがより拡がる!っていう効果も

また、このアナルオナニー前のウォーミングアップとしてカラダを温めると、アナルの拡がり具合いもよくなります。

なので、「カラダを温める」のはアナル拡張を安全に行う上でも、重要なポイントです。

【関連記事】
安全なアナル拡張方法
【アナニー初心者必見】安全・安心にアナルを拡張する方法

 

寒い季節のアナルオナニー前に行うカラダの温め方

お風呂で半身浴

ボクが実際に、これから秋、冬…っと寒くなった時にやっているカラダの温め方をご紹介!

時間がある時や、「今日はたっぷりアナルオナニーしちゃうぞ〜♡」っていう時には、ぬるめのお風呂にゆっくりと入ってカラダの芯から温めるようにしています。

時間がない時にサクッとカラダを温める時には、熱めのシャワーを浴びて、アナルオナニーのウォーミングアップをするのがオススメです。

 

アナルオナニーする部屋も温めた方がより気持ちよくなれる!

暖かい石油ストーブ

カラダを温めるのも大事なポイントですが、シャワーやお風呂を上がった後に、カラダが冷えてしまっては、効果が半減します。

せっかく温まったカラダを冷やさないように、部屋を暖める!っていうことも大事なポイントです。

ボクは、エアコンの暖房は部屋が乾燥して、アナルオナニーに集中できないので、石油ストーブの遠赤外線効果で部屋を温めるようにしています。

ストーブの上にヤカンをおいて、お湯を沸騰させているので、部屋も乾燥せず、ボクにとって理想のアナルオナニー部屋を実現できています。

 

ちなみに、この石油ストーブ…オナホールを温めることも可能です。

オナホールの温め方は簡単!ストーブの前に置いておくだけ!

オナホールを置く位置をいい塩梅に調節しないと…大事なオナホールが燃えたり、オナホールの樹脂が溶けたりするので、注意は必要ですが(笑)

 

また石油ストーブの気に入っているポイントの1つに、間接照明代わりにもなる!っていうのがあります。

部屋を暗くすると、石油ストーブがあやしくオレンジ色に光って部屋の中をエロティックに演出してくれます。

この記事を見て、アナルオナニーのために石油ストーブを買おう!って思った方は、間接照明にもなる!っていう視点から選んでみるのもオススメです。

 

寒い季節(秋〜冬)にドライオーガズムするためのコツ まとめ

ナイスヒップの白黒写真

このページで紹介したように…

実際に寒い場所で、冷えたカラダでアナルオナニーした時と、暖かい部屋で、お風呂にゆっくり浸かって、温まったカラダでアナルオナニーした時を比較してみてください。

気持ちよさの違いが実感できると思います♪

 

寒い季節に関係なく、よりアナルオナニーを気持ちよくするためのコツも、このブログで書いています。

⇒ ドライオーガズムの快感をもっと気持ちよく味わうためのコツを紹介している記事はこちら

このページの内容と合わせて参考にするれば、きっと今よりもアナルオナニーの快感がアップします♪